卓球 ペンドラの練習方法!小西海偉の練習メニュー3選!

卓球のペンドラの練習方法について。卓球やっているペンドラの人の中にはどういった練習が必要なのか?知りたい方がいるのではないでしょうか?ここではペンドラである小西海偉選手が取り入れることが多い練習メニューを3つご紹介したいと思います。

【卓球】ペンドラがやるべき練習方法

卓球のペンドラの練習についてですが、主にフットワーク練習が大切になってきます。フォアで攻めていきたい為、足を使って戦っていかなければなりません。なので、フットワーク練習は必要不可欠。

そこで、小西海偉選手が取り入れることが多い練習メニュー3つ確認していきましょう。

<練習メニュー3選>
1:左右に1本ずつフットワーク
2:フォア側→ミドル→バック側→フォア側の順にフットワーク
3:フォアハンドドライブとショートを1本ずつ切り替える練習

上記はどれも基本的な内容の練習メニュー。しかし、これらの練習メニューを地道に行うことでフットワーク,フォアハンドドライブ,切り替えしを磨くことに繋がります。強くなる為には必要なおススメの練習方法となるわけですね!

小西海偉選手は「ペンは大変な仕事です。」と話しています。その言葉の通り、人一倍努力しないといけない戦型。フットワーク練習となるとつまらない練習と思ってしまいますが、とても重要な練習。ペンドラの卓人は勝つ為にフットワーク練習は欠かさず行うようにしましょう。

小西海偉選手のメッセージ

今の時代、ペンは大変ですけど、楽しい部分はあります。特に、勝った瞬間はマジでうれしいんですよね。だから、シェークに変えないように、ペンでずっと頑張ってほしいなと思います。
ペンには必ず良い部分があります。カットマン(カット主戦型)みたいに粘り強いし、かっこいい。確かにシェークの方が簡単かもしれませんが、ペンにはペンの良いところがあるし、特徴がある。それを忘れないでペンをずっと続けてほしいと思います。
私も死ぬまでペンを変えません。勝ったときに、やっぱりかっこいいですから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る