卓球 世界選手権2022団体戦 結果速報と組み合わせトーナメント表(男子と女子)in世界卓球成都大会

2022年、卓球の世界選手権(世界卓球)団体戦が9月30日から開催されます。そこで、男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表を卓球好きならば気になるのではないでしょうか?2022年、世界選手権(世界卓球)成都大会団体戦の男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表を確認していきましょう。

【卓球】2022年世界選手権成都大会(団体戦) 男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表~世界卓球~

2022年、世界選手権(世界卓球)成都大会団体戦の男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表は下記の通り。男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメント表をチェックしていきましょう。

<世界選手権>
開催日:2022年9月30日(金)~2022年10月9日(日)
会場:中国・成都市

※大会開催後、結果速報と組み合わせトーナメント表を随時記載します。

男子団体戦 予選リーグ(グループ3)

日本 3-0 イラン
戸上隼輔 3-0 ノシャド・アラミヤン
張本智和 3-1 ニマ・アラミヤン
及川瑞基 3-2 Amir Hossein HODAEI

日本 3-2 ルーマニア
張本智和 3-0 EDUARD IONESCU
戸上隼輔 3-2 オビディウ・イオネスク
及川瑞基 0-3 Hunor SZOCS
張本智和 1-3 オビディウ・イオネスク
戸上隼輔 3-0 EDUARD IONESCU

日本 3-1 香港
戸上隼輔 0-3 黄鎮廷
張本智和 3-0 林兆恒
及川瑞基 3-2 呉柏男
張本智和 3-0 黄鎮廷

※10月4日(火) 17時~(日本時間)
日本 vs ハンガリー







<グループ1>
中国/スロベニア/アメリカ/プエルトリコ/タイ
<グループ2>
ドイツ/フランス/インド/カザフスタン/ウズベキスタン
<グループ3>
日本/香港/ルーマニア/イラン/ハンガリー
<グループ4>
韓国/エジプト/チェコ/カナダ/サウジアラビア
<グループ5>
スウェーデン/イングランド/オーストラリア/ポーランド
<グループ6>
ブラジル/ポルトガル/デンマーク/スロバキア
<グループ7>
台湾/クロアチア/ベルギー/シンガポール




女子団体戦 予選リーグ(グループ2)

日本 3-0 スロバキア
木原美悠 3-1 バラボラ・バラージョバー
伊藤美誠 3-1 Ema LABOSOVA
長﨑美柚 3-0 Tatiana KUKULKOVA

日本 3-0 ポーランド
伊藤美誠 3-0 Anna WEGRZYN
佐藤瞳 3-0 Katarzyna WEGRZYN
長﨑美柚 3-0 Paulina KRZYSIEK

日本 3-0 ハンガリー
伊藤美誠 3-1 Helga DARI
早田ひな 3-1 ドーラ・マダラサズ
佐藤瞳 3-0 Leonie HARTBRICH

※10月4日(火) 20時~(日本時間)
日本 vs ウズベキスタン






<グループ1>
中国/アメリカ/プエルトリコ/カナダ/マレーシア
<グループ2>
日本/ハンガリー/ポーランド/スロバキア/ウズベキスタン
<グループ3>
香港/ブラジル/フランス/イタリア/南アフリカ
<グループ4>
韓国/シンガポール/タイ/ルクセンブルク/イラン
<グループ5>
ドイツ/エジプト/インド/チェコ
<グループ6>
ルーマニア/台湾/スウェーデン/ポルトガル




男子団体戦 決勝トーナメント

<決勝>

優勝
準優勝:

<1回戦>

【ドロー表】
※大会開催後ドロー表記載

女子団体戦 決勝トーナメント

<決勝>

優勝
準優勝:

<1回戦>

【ドロー表】
※大会開催後ドロー表記載

世界選手権(世界卓球)は個人戦と団体戦が隔年で開催されます。偶数年が団体戦で奇数年が個人戦。今年は団体戦ですので、チーム一丸となって男子と女子と共に日本選手には頑張ってもらいたいですね!

世界選手権 団体戦のルール

・1チーム5人
・1つの試合に出場するのは3人
・先に3勝したチームが勝ち
・11点制の5ゲームマッチ(3ゲーム先取)
・ABC,XYZ方式
第1試合:A vs X
第2試合:B vs Y
第3試合:C vs Z
第4試合:A vs Y
第5試合:B vs X

世界選手権(世界卓球)は1チーム5人で1つの試合に出れるのは3人となります。1試合でエースの選手が2回出るパターンが一般的ですが、第3試合が重要でカギとなることが多いので、対戦相手によってオーダーをしっかり考えなければいけません。

日程

2022年、世界選手権(世界卓球)成都大会団体戦の日程は下記の通りです。日程を把握しておきましょう。

日程:2022年9月30日(金)~2022年10月9日(日)

※日程は日本の時刻です。
(日本と中国(成都市)の時差は日本が1時間進んでいます。)

※日程は変更になる場合があります。
※詳細日程は発表され次第記載します。

<1日目:9月30日(金)>
~予選リーグ(グループリーグ)~
17:00:日本男子 第1戦:日本 vs イラン
20:00:日本女子 第1戦:日本 vs スロバキア

<2日目:10月1日(土)>
~予選リーグ(グループリーグ)~
※日本の試合なし

<3日目:10月2日(日)>
~予選リーグ(グループリーグ)~
17:00:日本男子 第2戦:日本 vs ルーマニア
20:00:日本女子 第2戦:日本 vs ポーランド

<4日目:10月3日(月)>
~予選リーグ(グループリーグ)~
17:00:日本男子 第3戦:日本 vs 香港
20:00:日本女子 第3戦:日本 vs ハンガリー

<5日目:10月4日(火)>
~予選リーグ(グループリーグ)~
17:00:日本男子 第4戦:日本 vs ハンガリー
20:00:日本女子 第4戦:日本 vs ウズベキスタン




※決勝トーナメントの日程は発表され次第記載します。

<6日目:10月5日(水)>

<7日目:10月6日(木)>

<8日目:10月7日(金)>

<9日目:10月8日(土)>

<10日目:10月9日(日)>




日本男子と女子の出場選手

2022年、世界選手権(世界卓球)成都大会団体戦の日本の出場選手は下記の通りです。男子と女子と共に出場選手に注目です!

男子

戸上隼輔(明治大学)
張本智和(木下グループ)
及川瑞基(木下グループ)
横谷晟(愛知工業大学)
丹羽孝希(スヴェンソン)

女子

伊藤美誠(スターツ)
早田ひな(日本生命)
長﨑美柚(日本生命)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)
佐藤瞳(ミキハウス)

2022年、世界選手権(世界卓球)成都大会団体戦の日本の出場選手は上記の通りです。




上記出場選手の選考基準は下記の通りです。

男子代表選手 選考基準

1:第32回オリンピック競技大会(東京)卓球競技シングルスにてメダル獲得した選手
※該当者なし
2:2021年世界卓球選手権ヒューストン大会シングルスにてメダルを獲得した選手
※該当者なし
3:2022年全日本卓球選手権大会一般シングルスにて優勝した選手
⼾上隼輔(明治大学)
4:第1回選考会(LION CUP TOP32)の順位にて5名枠に達するまで繰上げ代表とする。
張本智和(木下グループ):選考会1位
及川瑞基(木下グループ):選考会2位
横谷晟(愛知工業大学):選考会3位
丹羽孝希(スヴェンソン):選考会4位

女子代表選手 選考基準

1:第32回オリンピック競技大会(東京)卓球競技シングルスにてメダル獲得した選手
3:2022年全日本卓球選手権大会一般シングルスにて優勝した選手
伊藤美誠(スターツ)
2:2021年世界卓球選手権ヒューストン大会シングルスにてメダルを獲得した選手
※該当者なし
4:第1回選考会(LION CUP TOP32)の順位にて5名枠に達するまで繰上げ代表とする。
早田ひな(日本生命):選考会1位
⻑﨑美柚(日本生命):選考会2位
木原美悠(JOC エリートアカデミー/星槎):選考会3位
佐藤瞳(ミキハウス):選考会4位




【卓球】2018年世界選手権(団体戦)の結果

2020年はコロナの影響で開催が中止。2018年の結果を確認してみましょう。

男子団体戦 日本の結果

<準々決勝>
日本 1-3 韓国
張本智和 2-3 チョンヨンシク
水谷隼 3-2 イサンス
松平健太 1-3 チャンウジン
水谷隼 0-3 チョンヨンシク

<1回戦>
日本 3-0 香港
張本智和 3-0 黃鎮廷
水谷隼 3-1 何鈞傑
丹羽孝希 3-0 林兆恒

【予選リーグ グループC】
1位:イングランド
2位:日本
3位:台湾
4位:ベルギー
5位:ベラルーシ
6位:シンガポール




女子団体戦 日本の結果

<決勝>
日本 1-3 中国
伊藤美誠 3-2 劉詩雯
平野美宇 0-3 丁寧
石川佳純 0-3 朱雨玲
平野美宇 0-3 劉詩雯

優勝:中国
準優勝:日本

<準決勝>
日本 3-0 韓国&北朝鮮(合同チーム)
伊藤美誠 3-0 チョンジヒ
石川佳純 3-2 キムソンイ
平野美宇 3-1 ヤンハウン

<準々決勝>
日本 3-0 ウクライナ
伊藤美誠 3-2 ペソツカ
石川佳純 3-0 ビレンコ
平野 美宇 3-0 ガポノワ

【※追記】
韓国と北朝鮮は準々決勝を行わず、合同チーム結成

【予選リーグ グループB】
1位:日本
2位:オーストリア
3位:ウクライナ
4位:ハンガリー
5位:アメリカ
6位:エジプト

日本男子は予選リーグを2位通過し、準々決勝で韓国に1-3で負けています。ちなみに、男子決勝は中国vsドイツで中国がドイツに3-0のストレート勝ち。やはり、中国はとても強く高い壁ですね。

日本女子は予選リーグを1位通過し、決勝戦で中国に1-3で負けています。伊藤美誠選手が劉詩雯選手に勝ったことは多くの人が驚き、興奮しましたね!また、準決勝で韓国と北朝鮮が合同チームを作るという異例の事態が起こり、多くの人が困惑した記憶が鮮明に残っているのではないでしょうか?

近年、中国だけではなく他の国も実力をつけてきています。厳しい戦いになることは間違いなしですが、2022年の世界選手権(世界卓球)成都大会団体戦では男子と女子と共に日本には優勝を狙ってほしいですね!

結果速報と組み合わせトーナメント表を随時チェックして、日本を応援しましょう!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る