卓球 ペンはかっこいい!ダサいという卓人は1度プロの試合を見てみろ!

卓球のペンについてですが私自身使用しているということもあり、使用している卓人はかっこいいプレイスタイルだと感じています。シェーク主流の現代、ペンユーザーは少なくなりましたがかっこいい戦型という考えは変わりません。卓球やっている人にペンの魅力をお伝えしたいと思います!

【卓球】ペンはかっこいい!!

卓球のペンと言っても日本式で片面でやっている人から中ペンで両面振る人、吉田海偉選手みたいに中ペンで片面でやる人など様々です。高速卓球でバックが振れる分シェーク主流の現代ですが、ペンのかっこいいプレイにも注目してほしいところ。

私自身片面日本式ペンですが、シェークに変えようと思ったことは1度もありません。というのも、ペンにはペンの楽しさがあるからです。操作性のしやすさだったりバックハンドやバックプッシュなど。ペンを使っている人にしかわからない楽しさがあります。

たまに遊びでシェークをやったりしますが、やはりペンがよいな~と感じてしまいます。

ペンの魅力の1つとして豪快なフォアドライブ!また、フットワークを活かしたプレイやバック技術などなど。見る人を魅了する力があります。ネット上では「ペンはダサいという人が多数いる」という意見を見ましたが、1度トップレベルのペン選手のプレイを見てほしいところです。恐らく魅了されるのではないでしょうか?

また、ペンだと卓球の試合では勝てない・・・などと言われていますがそんなことはないと思います。トップレベルでも中ペン使っている人はチラホラいますし、片面なら吉田海偉選手がいます。ただ、吉田海偉選手は才能もあるとは思いますが・・・。もちろん努力も。

正直言うと、シェークの方が勝ちやすいとは思いますがペンが勝てないというのは少し違うと感じます。そしてこれはプロ,トップレベルでの話。

我々一般レベルであればペンでも十分に勝てます。中ペンだけでなく、片面ペンでも。たまに一般層の中でも「ペンじゃ勝てないよ!」とか「ペンじゃもう無理だからシェークにしたら?」といった意見も耳にします。

その人のプレイ的にシェークの方がいいよ!ならまだわかりますが、一般層レベルでペンじゃ勝てないというのは違うでしょう。実際にペンでシェークに勝っている人は大勢いますからね!
全国レベルで勝っていくとなるとまた話は変わってきそうですが、県レベルぐらいまででしたらペンでも全然通用します。

逆に「ペンじゃ勝てない!ダサい!」と言われて勝てたらかっこいいですよね!シェークが有利という時代でペンが勝てたらそれはそれでかっこいい。

ペンを使っている卓人にはこれからもペンを使い続け、かっこいい卓人になってほしいと感じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

ページ上部へ戻る